不動産

現金や預貯金の遺産分割は比較的容易です。相続分に応じて分ければ良いだけです。
しかし遺産の中に不動産が含まれている場合はそうはいきません。

名義を誰にするのかが、まず問題となります。共有にするのか、それとも誰かの単独所有とするのか。
単独所有とする場合、不動産の価格は高価ですから、法定相続分より多く相続することになるケースがほとんどです。その場合、かわりに金銭を支払うことになりますが、その金銭を用意できるとも限りません。

では不動産を売って現金にかえ、その現金をわければ良いかというとこれも問題があります。
不動産は売ろうと思ってすぐ売れるわけではないですし、特に相続で現金化を急いでることがわかると足下を見られて安く買いたたかれることも当然あります。

名義を共有としても、問題を先送りにするだけです。
実際にどちらがその不動産を使用するのか、人に貸すのかなど決めなくてはいけない問題が浮上してきます。
仲良く分けることができれば良いですが、そもそも仲良くないから遺産争いになっているとも言えます。このように不動産の遺産分割は非常に問題が複雑ですから専門家に任せることが重要となります。

Copyright© 2012 遺産ナビ All Rights Reserved.