預金の相続

被相続人が死亡し、その事実が金融機関にわかると口座は凍結されます。
判例上、預金は相続分に従って当然に承継されるとされていますが、銀行の実務はこうなっていないということです。これは銀行が二重払いや相続人間の紛争に巻き込まれないためにとっている自衛策です。

預金を引き出すには、遺産分割協議を終える必要があります。

口座が凍結された場合、引き出しだけでなく引き落としもできなくなりますから、電気ガス水道などの名義変更は速やかにおこなうようにしましょう。

なお、銀行に被相続人の死亡が発覚する前に、誰かが銀行印と通帳を持っていき預金を引き出した場合、銀行の支払いが有効となり、銀行に請求できなくなる可能性があります。速やかに支払いを止めるよう報告しましょう。

Copyright© 2012 遺産ナビ All Rights Reserved.