相続の流れ

人が死亡すると、相続手続きが始まります。これは民法で規定されていることです。
ですから、死亡前に財産を移したりする行為は贈与、生前贈与という問題に過ぎず、相続とは異なります。

相続開始にあたって、まずチェックすべきことは遺言書があるかどうかです。遺言書がある場合は基本的に、その通りに相続することになりますし、ない場合は遺産分割協議になります。

遺言書の存在がはっきりしたら、次は財産の確認です。仮に遺言書があった場合でも、そこに全ての財産が書かれているとは限りません。そこから漏れている財産があるかもしれません。その財産も相続させる必要があります。

次は、相続人の調査です。相続人が誰かをはっきりさせてないと、どの財産をどのように分けるかは決まりません。
なお、相続人となるべきものが遺言書にのっていなくとも、遺留分がある場合、遺留分減殺請求はできますから、相続人が誰かはしっかりと調べておきましょう。
もっとも、相続人であっても、相続放棄などは自由にできます。

その後、相続人で遺産分割協議をします。
普通は話し合いですが、まとまらない場合は、家庭裁判所に調停を申し立てることになります。

協議がまとまったら、その結果に応じて財産を分け、相続税の申告をします。なお、相続税の申告は被相続人の死亡から10ヶ月以内におこなう必要があります。

※相続の流れとは直接関係ありませんが、忘れがちなのが、被相続人の所得税の申告です。被相続人に所得があった場合は、死亡する日までに得た所得について税金を納付する必要があるからです。

Copyright© 2012 遺産ナビ All Rights Reserved.